道場紹介

Dojo introduction

館長の挨拶

当館は、神道無念流 戸賀崎 熊太郎外観知道軒暉芳から数えて5代目の当主戸賀崎熊太郎清常の代に一度閉鎖された練武道場です。

日中戦争や日露戦争の勃発から軍国主義が進み、世の中も他国に負けじと急速に近代化するなか、剣術がだんだんと退廃していった時代では、道場を営むことは難しかったことと思います。その後終戦を経て平和、復興へと日本が進むなか、亡父正道は少年時代を過ごしました。当時、6代目の守恵から「お前の代で、必ず練武道場を再興するように」と言われ育ったと聞いています。学生剣道、社会人生活でも仕事と剣道の両立をし、サラリーマン生活も終盤にさしかかった平成14年、ついに父は練武道場を復興再興することとなりました。

現在は、私が館長を引き継ぎ、亡父の掲げた「生涯剣道」を活動指針、「師弟同行」「交劔知愛」「神道無念流の伝承・継承」を行動指針に掲げ、館員、愛好者、神道無念流研究会員、幼少年で稽古に励んでいます。

役員紹介

「生涯剣道」「師弟同行」「交劔知愛」を掲げて、館員、愛好者で練武に励んでいます。

役職

館長(第9代当主)

名前

戸賀崎 正彦

段・所属

六段・惠文館

役職

館長代行

名前

澤田 郁夫

段・所属

教士七段・久喜剣友会

役職

師範代(神道無念流)

名前

島野 亮一

段・所属

教士七段・加須剣道連盟

役職

師範

名前

加庭 栄之助

段・所属

教士八段・鷲宮剣道クラブ

役職

師範代

名前

関根 剛

段・所属

教士八段・宮代剣友会

役職

師範代

名前

若林 耕多

段・所属

教士八段・鷲宮剣道クラブ

 

道場概要

道場名

神道無念流戸賀崎練武道場 惠文館

代表者

館長 戸賀崎 正彦

所在地

〒346-0038 埼玉県久喜市上清久144

TEL

TEL.0480-21-0917 

TEL.0480-21-0917 

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお願いします

 

設備紹介

惠文館の道場は、正式な試合が行えるコートが1面取れ、観覧スペースもあり広々。
観覧スペースではお子様の稽古や試合の様子をご覧いただけます。

床は天然杉の無垢材を使用しています。
衝撃を吸収するので足を傷めにくく、一般的な合成板の床面より冬場も足元がひんやりしません。また、冷暖房完備なので1年を通して快適な空間の中、稽古に集中できる環境を用意しています。

重い防具を毎回持ち運ぶ必要がないように、防具ロッカーもありますので防具は置いて帰ることもできます。
その他、会員の方はシャワールームや駐車場(約20台分)をお使いいただけます。